読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仲村屋

もともとはスノボブログから始まったのですが、ライフスタイルについて書くことの方が多くなったので、私の生活や持ち物を晒すブログにしました。カービングターンの上達応援無料サイトはこちらにまとめています→http://carve.hateblo.jp

無いから作った。書斎の作業机をDIYしてその後ダイニングテーブルにしたよ!

DIY

自分のイメージに合う、おしゃれでぴったりサイズな机が欲しい!

f:id:sunooo:20160414082007j:plain
http://www.デスクと机.com

でも、住まいの大きさは人それぞれ。
既製品の机はサイズを優先するとイケてないデザインだし、かといってデザインを優先するとお値段も跳ね上がってきたり・・・
というちょっとした悩みを抱えている人って結構多いと思います。

そんなわけで、以前私は机をDIYで作ってしまいました。
今でも現役で使用していますので、当時〜現在の様子をご紹介したいと思います。

記事概略

  • 書斎の机をDIYしてみた

スポンサーリンク



制作経緯

  • もともとはスチールラックを活用して机にしていたのだが、見た目がダサくてなんとかしたかった
  • パソコンと音楽が好きな人のため、、、というか完全に自分用に「渋い」机にしたかった
  • 設計に3日かけ、永く使えるように気合入れて作った

てな具合です。

制作したのが2009年6月。そこから7年ぐらい使っている計算ですね。ちなみに材料費は約7000円ぐらいです。

仕上がりの姿(第1形態)

出来上がった姿がこちら。
f:id:sunooo:20090607221155j:plain
デスクトップpc、ステレオが置けるように。また、小物類を収納できるスペースを膝上に設けてあります。

f:id:sunooo:20160414075646j:plain
設計図がこちら。

材料はこのような感じです

  • 天板 パイン集成材 30cm×120cmを2枚
  • 足 2x2材 足の長さ 70cm
  • 棚板 1x4材
  • 棚板受け 2x2材
  • ぐらぐら防止補強 1x4材
  • ネジ 3.5cmのと5.5cmの2種類
  • 塗料 水性のウォルナット、水性のニス

天板以外は1x4材と2x2材のみで作りました。
天板はフラットにしたかったので本当は1枚板がベストなのですが、予算の都合で丁度良いパイン集成材を2枚使うこととしました。

制作途中の写真

順に紹介していきましょう。
f:id:sunooo:20090606161318j:plain
材料一式。カットも自分でやります。

f:id:sunooo:20090606181439j:plain
足の仮組み

f:id:sunooo:20090606214425j:plain
天板の裏側。1枚板ではなく、2枚の板を使うので、2x2の角材を使って一体化させます。

f:id:sunooo:20090607075549j:plain
足を付けたところ。これだけだとグラグラするので、黄色い部分に1x4の板を当てがいます。

f:id:sunooo:20090607104902j:plain
棚板付けました。

f:id:sunooo:20090607133152j:plain
だいたい完成!棚板をつけることで相互に補強されて意外と足もしっかりします。

f:id:sunooo:20090607135714j:plain
ウォルナット色の塗料を塗ります。天板が乾いたらニス塗りもしますよ。

というわけで冒頭にご紹介した仕上がりとなります。

スポンサーリンク



DIYするときに注意すること

当時したためていた反省点を振り返ってみます。

設計

事前の設計は超重要です。購入木材の厚さも設計時点で考慮できてると完璧ですね。
足しげくホームセンターに通わないと、木材の規格がなかなか覚えられません(汗)

買い出し

設計の精度が高いほど迷わないです。
自宅とホームセンターを何度も行き来したくないので、その場で予算と購入材料総計を見積もるのが大変でした。

恥ずかしがらずにメモ帳を持っていくのが良いですね。

製作

座った状態で足がちゃんと入るスペース(=座高の確保)を確保できる寸法を測るのが気を使いました。何度も座って、寸法を測り直して・・・といった具合に。

その他

ボンドで仮止めしてからネジ打つとすごく楽(ずれないので)ですね。
ねじの下穴開け、ねじ留め用の安物ドリルが大活躍で、これが無ければ多分途中で飽きて放り投げてました(笑)

てな具合です。特にドリルは大活躍でしたね!
ホームセンターでは木材のカットサービスもやっているので、寸法をきっちり計れるのでしたら利用された方が断然楽です。

ダイニングテーブルに変化(第2形態)

DIYならではの応用を利かせたのが、現在の姿。

その後家具の断捨離が進み、ステレオやデスクトップPCは手放すことに。
書斎そのものもそんなに置くものがなくなってしまったので、書斎に使っていた部屋そのものも断捨離しました。
ということで、ダイニングテーブル兼用の机に変化しました。

f:id:sunooo:20160414081528j:plain
真ん中の足を抜いてシンプルな4本足に。机の高さも微妙に高かったので、足を2-3cmカットもしました。
代償として、グラグラします(笑)

ちなみに、ダイニングチェア兼用で使用しているのがアーロンチェアイームズチェアです。

f:id:sunooo:20160414081544j:plain
天板下の収納スペースは変わらず。これがあるとめちゃくちゃ便利ですね。
チラチラ映っているトマト感はこのとき買ったもの。大人買いしたせいで未だに無くなりません

f:id:sunooo:20160414081723j:plain
アンティークな金物を買ってきて、鞄を引っ掛けられるフックを取り付けました。

まとめ

振り返ってみると、気合を入れて作っただけあってなんだたとても愛着がわきます。すごい頑張ったなぁ〜。と我ながら感心(笑)

自分好みに変化させられるのも醍醐味ですね。

気になっている方は是非一度チャレンジしてみては如何でしょう!?

では!

f:id:sunooo:20140812215210j:plain

いつもお読みいただきありがとうございます。

ダイエット、暮らし、スノーボードなど、かっこよく生きること、自然体で楽しく生きること、時々頑張ってなにかインパクトのあることを発信することを追求しています。(自己紹介)

もれなく運用もユルめですが、主要な事業はコチラ。

などなど。手広くやっています

TOPへ戻る