仲村屋

月間40万pvのブログ管理人。私の生活や生き方・働き方・持ち物を晒すブログです。スノボの上達応援無料サイトはこちらに引っ越しました→http://carve.hateblo.jp

買う前に!イームズチェアを購入した人の座り心地レビュー。レプリカ(リプロダクト)なら4000円ぐらいで激安おすすめ

お部屋のインテリア向上のため、学習机用の椅子(←高校生の頃から使っていたもの!)から、レプリカのイームズチェアに買い替えました。見た目と価格を重視して、4000円のレプリカ商品です。
f:id:sunooo:20140823205442j:plain

スポンサーリンク



リプロダクト・レプリカのイームズ

f:id:sunooo:20140823210839j:plain
(箱を開けたらこんな感じ。トイレ?)
平たく言うと、デザイナーズ家具なのに大変お求めやすい(=安い)イームズチェアです。

別名ジェネリック製品と呼ばれており、意匠版権の切れた家具を復刻したもので、版権料が不要なのと、工業生産であるために低価格なのが特徴です。
特許が切れたあと、同じ成分と効き目を持って安価に販売されるジェネリック医薬品と同じことで、違法なコピー商品とは異なります。
どのメーカーが復刻制作しても「本物」と「偽物」という定義自体なくなっているのが現実です。
イームズチェアをリメイク

イームズチェアの座り心地を比較してみたよ。

偶然立ち寄った家具屋さんに実物が置いてあったので、購入前に座り心地を比べてみました。

シェルチェア

こちらが最もベーシックなものですね。座った瞬間「お、しっくりくる」という感想。腰のあたりのサポートや、背もたれのたわみ(素材の弾力)がかなり絶妙。机でブログ書いたりするのに向いているような気がしました。

アームシェルチェア

続いてのこちらは、ちょっとゆったりした座り心地。デスクワークというよりは、休息・リラックスというイメージのほうがしっくりくる感じです。先ほどのものと比べると、少しリクライニングが効いています。楽天ではめちゃめちゃ売れているようですが、座る目的は良く吟味を。

ゆらゆらロッキングチェア

最後にこちらは、ゆらゆらできるタイプ。座面はアームシェルチェアと同じ。足が揺れるので、さらにリラックスに振った感じですね。これで読書とかしたら楽しそう。パッチワーク柄というのもかわいくておしゃれです。

オリジナルか、レプリカかで迷い、レプリカに決定。

f:id:sunooo:20140823210943j:plain
(付属の六角レンチで組み立てるだけ。超簡単)
やはりオリジナルには惹かれるものがありました・・・しかしレプリカのお値段がなんといっても魅力的。。
結局レプリカにしたのですが、後押しになったのはコチラの記事。

シェル・チェアは、イームズ夫妻が「安価で大量生産でき広く普及すること」を目的に作ったといわれています。
 
その意味では、意匠権が切れて世界中の人々が手に入れやすくなり、続々とリプロダクトされている今の状態が健全、という解釈もできます。
近年のリプロダクト品では素材もFRPやPP材だけでなく、透明なアクリル素材のシェルで作られたものもあります。こうしたものは、コピーを超えて別の意味が生まれ、イームズへのオマージュと、とらえることもできます。
 
ひとつデザイナーズものを取り入れることで、グッとインテリア空間が華やぎ、ステキな時間がすごせることでしょう。ブランドやデザイナーにとらわれず、家具を作品ではなく実用品として使い込んでいくことをオススメします!!
4/4 リプロダクト、ジェネリック家具の購入はアリか? [テーブル・椅子] All About

音楽でも本でも、古典が様々な解釈で現代でも生き生きとしているように、意匠権が切れたあとでもデザイナーの意思が受け継がれていると思うと、なんだか素敵。音楽の世界と同様に、作り手の魂に共感したいって人は多いはず。

スポンサーリンク



実物の座り心地を早速レビュー。見た目も可愛くていい感じだよ!

  • ちょっとコジャレた駅のベンチって感じ
  • 思ったよりムレは気にならないかも。長時間座りっぱなしの状態になる前に、ちょこちょこ姿勢を変えるからかもしれませんが。
  • 床(畳)が傷まないように、対策は必要。

こんな感じです。
数千円で買えるので、何個か揃えてみても良さそうな気がしています。早くもお気に入りでっす。

豊富なカラーバリュエーションなので、あなたのお部屋に合うかわいいカラーもきっと見つかるはず。時代を超えて愛されるデザインなのに、お手頃価格。こういう時の試練をくぐってきた物こそが多くの人の心を揺さぶるのです。

では!

ごあいさつ

いつもお読みいただきありがとうございます。

ダイエット、暮らし、スノーボードなど、かっこよく生きること、自然体で楽しく生きること、時々頑張ってなにかインパクトのあることを発信することを追求しています。(自己紹介)

もれなく運用もユルめですが、主要な事業はコチラ。

などなど。手広くやっています

TOPへ戻る