仲村屋

月間40万pvのブログ管理人。私の生活や生き方・働き方・持ち物を晒すブログです。本業はブログコンサルです→naka668.com

童貞を連れて今度タイに行ってくる。

10月末から海外旅行に出かけることになりました。今度はかわいい後輩を連れてのタイ行き。
f:id:sunooo:20150801090641j:plain
http://tabippo.net/best_way_to_enjoy_thailand/

短期滞在なのですが、はやくも珍道中の予感がしています。

記事概略

かわいい子には旅をさせよ。


スポンサーリンク



きっかけ

引き金となったのは雪山田夫妻の台湾旅行。

帰国後の職場友人・後輩達との某飲み会の場で、

  • 先日の台湾旅行が大変良かった。
  • やっぱり色んな世界を見ると視野が広がる。
  • もっと若いうちに進んで投資しておきたかった。

という話をしたのですが、そしたら「僕も海外行きたいです!」と会社の後輩(童貞)が食いついてきまして。
ということで、そいつを連れて海外に行ってみることになったのです。

タイに行くことになったのは全くの偶然。私もどんなところかはあまり良く知らないのですが、比較的近くて比較的安い(そしてどうやら「良いところだ」という声が多いらしい)から。という理由です。

※ちなみにこの旅は男3人で行きますが、女子力の高いおっさんの私を含めて、皆ストレート&ノーマルです。

飛び出す勇気が無いなら背中を押してやる

日頃「職場がイマイチ面白くないんです。」と、ポテンシャルは高い(=一緒に飲んでてオモシロい)のに、日常生活がくすぶっているこの後輩。
「でも◯◯がなぁ〜。」と、どっち付かずでいかにもアレな発言を繰り返すのがオモシロかったので、こいつの心理的障害をどんどん取り払って行ってあげました。

  • パスポートが無い→取れよ。エチケットだぞ。
  • 言葉が・・・→学校で英語習っただろ。それで十分なんとかなる。
  • ほんとに皆行くんですか!?→お前は行きたいの!?行きたく無いの!?どっち!?

、、、と、最後の方は「こんな目の前にぶら下がっている大チャンスに食いつかないのはアホだぞ。」というのが決定打となり、めでたく参戦することとなりました。

何故か私のことを慕ってくれるだけあって(?)、なんだかんだ言っても土壇場になるとちゃんと波を捕まえきるあたり、後輩といえどもいいポテンシャルを持っています。

自分が初海外に行ったときのことを振り返ると、「雪山田、フランス行く?」と先輩にカジュアルに誘っていただいて初めて海外の地を踏んだのですが、声がかかることが無ければおそらく行くことは無かったであろうことを考えると、身近な人に背中を押してもらえるというのはスゴくありがたいんですよね。

しょうもない心配も吹き飛ぶぐらいの経験値を得る

海外行く前は、

  • 旅行期間中に仕事が忙しくなったらどうしよう
  • お金の工面をどうしよう
  • 言葉の壁はどうしよう

なんて心配をしていたのですが、今にして思えば可愛い悩み。

それよりも

  • どアウェーで四苦八苦する経験
  • 旅先で出合う美味、美景、優しい人たち

こういったことを肌で感じ、一回りたくましくなって帰ってくることの方が、よっぽど良い経験なんです。

受けた施しは次へ

偉そうなこと書いてますが、私もさまざま不安を乗り越えて逞しくなれたのは、これもひとえに

から。
私が、良き先輩にされたことを後輩にもつないでゆきたいと感じて、タイに行くこととなりました。

スポンサーリンク



パスポートとりました!

と、後日、嬉しそうに後輩が報告しにきてくれました。
いたずら好きの私はつい、

「おー。おめでとう。パスポートとってどこ行くのよ?」

というジョークを飛ばしそうになったのですが、さすがにコレを行ったらリアルに怒られそうだったので喉元でなんとか飲み込み、後日談にすることとしました。

どんなカバンを持ってくるんだろう?どんな荷物を持ってくるんだろう?
そこらへんから何も教えないつもりです(笑)

スポンサーリンク



関連記事

sunooo.hateblo.jp
sunooo.hateblo.jp

ごあいさつ

いつもお読みいただきありがとうございます。

ダイエット、暮らし、スノーボードなど、かっこよく生きること、自然体で楽しく生きること、時々頑張ってなにかインパクトのあることを発信することを追求しています。(自己紹介)

もれなく運用もユルめですが、主要な事業はコチラ。

などなど。手広くやっています

TOPへ戻る