読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仲村屋

もともとはスノボブログから始まったのですが、ライフスタイルについて書くことの方が多くなったので、私の生活や持ち物を晒すブログにしました。カービングターンの上達応援無料サイトはこちらにまとめています→http://carve.hateblo.jp

kindle本と紙の本の比較。kindleのふせん機能に一本!

読書、kindle

kindleを買ってからというもの、ほとんど毎日これを使って本を読み進めるようにしています
特に便利だと思ったふせん機能について簡単に紹介してみたいと思います。

スポンサーリンク



私の本の読み方

もっぱら実用書ばかりなのですが、読みながら気になる箇所にどんどん付箋を貼っていくという方法を採用しています。
f:id:sunooo:20140820230524j:plain
理由は簡単。
付箋を貼ることで「あれ、あの気になったページってどこだったけかな??」ということが無くなり、2度見、3度見の時の効率が良くなるからです。
歳を重ねるに連れて「探す行為」が億劫になってくるんですよね。

とはいえ、あまり付箋の数が多くなると、後からそのページを1つ1つ追っていくのもなかなか大変なところ。。。

kindle本は、ふせん貼ったページが一覧で出てくるよ

kindleを使い始めて、地味に便利だと思ったのがこの機能。
f:id:sunooo:20140820230813j:plain
ふせんを張って読み進めれば、そのページのリストが一覧で表示されるのです。

この便利さは電子書籍ならでは

本を一度読むだけで知識を得られれば越したことは無いのですが、それはなかなかムズカシイところ。。
紙の本の場合、よほどキレイに貼っていない限り、後からふせんを1枚1枚追っかけて行くのは意外と面倒なものです。(ふせんの位置とページ順序が前後したりってのは茶飯事かと。)

血肉にするために読むのである

私の場合、本は「一度読んで終わり」ではありません。
ふせんをわざわざ貼るのも「あとで読み返したいから、自分的に気になった部分だから」なのです。
紙の本でふせんを張ったページを追いかけるのが地味に面倒。というのは、ややもすると「付箋を貼っておしまい」ともなりがちです。

そう考えると、あとで読み返すのが楽なことに越したことはないのですね。
kindleのさりげない便利さにちょっと嬉しくなりました。

参考になれば幸いです。


では!

スポンサーリンク




f:id:sunooo:20140812215210j:plain

いつもお読みいただきありがとうございます。

ダイエット、暮らし、スノーボードなど、かっこよく生きること、自然体で楽しく生きること、時々頑張ってなにかインパクトのあることを発信することを追求しています。(自己紹介)

もれなく運用もユルめですが、主要な事業はコチラ。

などなど。手広くやっています

TOPへ戻る