読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仲村屋

もともとはスノボブログから始まったのですが、ライフスタイルについて書くことの方が多くなったので、私の生活や持ち物を晒すブログにしました。カービングターンの上達応援無料サイトはこちらにまとめています→http://carve.hateblo.jp

海外旅行って物価の安い国行けばお得に遊べるんじゃね?

旅行やアウトドアが好き

めっちゃめちゃ楽しかったフランス旅行ですが、いかんせん多くのマニーがかかりました。帰国してレシートなどを整理していてびっくり!
f:id:sunooo:20140809224443j:plain
今回の旅で、かなりの小遣いが吹っ飛んだのは紛れもない事実。次はもっと物価の安い国(台湾とか)でリーズナブルに旅の楽しみをエンジョイさせとうございます。日本で贅沢するより安く贅沢できるかな!?てことにうっすら気づいてしまいました。

スポンサーリンク



フランスの外食事情。うまいけど高い

さすがにお勤め人の酒飲みアラサー3人旅となると、食事はまあまあ良い物を食べるようになります。日本で飲むより単価は高い。
でも2次会3次会・・・というように飲みつぶれるまで飲まなかったので、トータルはどっこいどっこいかも。

生牡蠣と白ワイン 40ユーロ/人(5,600円)
f:id:sunooo:20140809224039j:plain

牛肉の赤ワイン煮とビール 30ユーロ/人(4,200円)
f:id:sunooo:20140809224059j:plain

何だったかな。激ウマな何かの肉と赤ワイン2本 50ユーロ/人(7,000円)
f:id:sunooo:20140809224114j:plain

というわけで、外食ですら結構なお値段を食事にかけてしまいました。
コレに飛行機と宿が加わるから・・・あとは分かりますよね。

トータルで30万超。貯めてた小遣いはすっからかんさ。

計算したところこのぐらいはかけているようでした。だいたい、↓のプランに似ているかと。

旅行会社の者です。

時期は3月、期間は1週間(5泊7日)、ホテルは朝食付3つ星、飛行機はパリへの思い入れが強いようなのでエールフランスでパリ直行便、昼食はそのへんのデリかカフェ、夕食は中級のレストランのチョイスメニュー、適当に観光&買い食い。買い物含まず。空港税・燃油追加込。
ざっくり余裕をみて30万円! ってな感じでどうですか?
パリへ旅行へ行くのにかかる費用はどれくらいですか??大学在... - Yahoo!知恵袋

航空券とホテルのチョイスは頑張ったんだけど、そもそもがね。

初海外のクセに、歴戦の手練の指南を得て、航空券は、エクスペディアで。

ホテルは、booking.comでチョイスしました。

どちらも、いろんなプランの価格比較ができてとても良かったのですが、なにぶん世界はバカンスシーズン。とっても割高な時期に旅してしまったのです。

頑張ってリーズナブルにしようとしたけど、限界があるので今度はアジア!?

ちょうど嫁がドラマの影響で「台湾に行きたい(爆発したけど・・・)」と言っているので、次回(いつだ?)はそっち方面にターゲットを当ててみたいと思います。

以前、ごりゅごさんが、アジア圏?の安くて豪華なナイスホテルをご紹介されていたのが、どうにも気になって仕方ない。物価の安い国にはそんな魅力があるような気がしてなりません。

そして、そこで宿泊したホテルも、超豪華で素晴らしいリゾートホテルでありつつも、超リーズナブルなホテル(1泊5000円くらいから)で素晴らしかったのです。
カンボジア シアヌークビルの丘の上のリゾートホテル「ビクトリーキャッスルヴィラ」が最強に素晴らしかった | ごりゅご.com

そうだよね。日本や欧米で贅沢すると高いけど、物価が安い国ならリーズナブルに贅沢ができるよね!

ちなみに、台湾の物価を簡単に調べてみると、フランスに比べて驚くほどやすいようです。それに親日との噂・美人が多いとの噂もあるし。

缶ビール(330ml) 29元~35元 96円~120円
ペットボトルの水(600ml) 18元~ 約60円
小龍包(1個) 5元~ 約17円~
野菜炒め 20元~50元 66円~170円
餃子(10個) 30元~ 約100円~
旅行前にしておきたい台湾の物価

海外で経験したことはとても新鮮だった!また行きたい。

  • 店員にそっけなくされたこととか、
  • 英語レッスンと言って、自分から積極的に店員に英語で話しかけたりとか
  • プロヴァンスのメチャウマ料理・ワインに舌鼓を打ったり
  • カラッとした温暖な気候に日本に帰りたくなくなったり
  • etc・・・

というたくさんの思いでが自分の血となり肉となり、色んな発見を与えてくれることに気付かされました。

度胸がついた。「突撃!英会話」という企画で、見知らぬ海外で英会話修行()したから多分イケる。

今回旅に同行した友人はなかなかの「可愛い子には旅をさせよ」タイプ。
「おい雪山田、つぎはお前が店員と喋ってこい。」とか、「会計してこい」と平気で言ってのけます。
自分も過去にこんな記事を書いた手前、怖気づくわけには行きません。

が!フランス語だと全く太刀打ちできませんが、英語であればそれなりになんとか(会計を済ませる。とか、服を買う。程度ですが)目的は達成できるもの。
英語がそこそこ通じる地であれば、なんとか行けそうな気がしています。

こういう根拠の無い自信って大事ですよね。
おっさんといっても、まだまだ若いんだからもっと人生をエンジョイしようと思います。

では!

スポンサーリンク




旅の関連記事

f:id:sunooo:20140812215210j:plain

いつもお読みいただきありがとうございます。

ダイエット、暮らし、スノーボードなど、かっこよく生きること、自然体で楽しく生きること、時々頑張ってなにかインパクトのあることを発信することを追求しています。(自己紹介)

もれなく運用もユルめですが、主要な事業はコチラ。

などなど。手広くやっています

TOPへ戻る