仲村屋

月間40万pvのブログ管理人。私の生活や生き方・働き方・持ち物を晒すブログです。本業はブログコンサルです→naka668.com

今さら気づいた)アイディアを書き留めるには無地の紙が最適だった件

ゼロ秒思考を読んで、A4裏紙を使ったメモを続けています。気がつけばすっかり無地メモが定着。

今日は、無地のメモを使いだして気づいたことを述べてみたいと思います。

f:id:sunooo:20140518213136j:plain

無地はストレスフリーだった!

罫線や方眼が入っていませんので、好きなところに、思いついたまま書いていくことができます。

さながら、広い机を贅沢に使って仕事するようなイメージでしょうか。

どこに書類を置こうと、文具を置こうと、お好きなように!という感じです。

もともと思いつきを書き留めることが目的なのだから、キレイに書く必要も無かった

罫線があることで、これまで書き始める前に書き方を一瞬考えていたことに気が付いたのです。

ペン先が紙に触れるまでのほんの僅かな瞬間、「どこから書こうか、線に沿って・・・」等のよくよく考えてみればどうでも良いことが頭を過っていた様子。

優先すべきは、思いついたイメージをそのまま転写することなのですから、そういった邪魔が入らないに越したことは無いのですね。

考えが発展したとしても、空いてるところに書けばよい

箇条書きのメモを取りつつ、マインドマップ的に発展したとしても、、、むしろ、書いているうちにしばしば考えは発展するので、むしろ無地の方が都合が良いのです。

あ、あれも!といった思考のジャンプをそのまま矢印で飛ばしたり、文字では言い表しづらいイメージを図にしたり。

見栄えにこだわらなければ何でもありというのが良いのです。

自由!って感じが好き

以前は無地メモ帳を見ると「どこから書いたら良いんだろう?」という気分になるので遠慮していたのですが、最近すっかりその良さにハマっています。

思いついたままのぶらり旅をするように、行き当たりばったりにペンを走らせるのも、案外良い!ということが分かりました。

 

以上、しょうもない気づきネタでした!

 

LIFE ライフ NOBLENOTE ノーブルノート 無地 A5 N36
ライフ
売り上げランキング: 25,139

ごあいさつ

いつもお読みいただきありがとうございます。

ダイエット、暮らし、スノーボードなど、かっこよく生きること、自然体で楽しく生きること、時々頑張ってなにかインパクトのあることを発信することを追求しています。(自己紹介)

もれなく運用もユルめですが、主要な事業はコチラ。

などなど。手広くやっています

TOPへ戻る